太陽光発電 相場

太陽光発電の相場って

太陽光発電の相場は1kw当り55万円と言われていますが、何を基準にこの価格が出ているのかご存知ですか?
kw当りの単価の決め方は

 

 

 

太陽光発電システム合計価格÷太陽光発電量kw単価

 

このようになります。

 

 

もっと分かりやすく例を挙げてみると

 

 

 

例の場合では1kwの価格が50万円ということになります。これは基本ですので覚えておきましょう!

 

 

上記の計算式を見れば分かる通り太陽光発電システムの合計金額で全てが決まると言えます。合計金額というのはソーラーパネルの価格だけではなくて、部品や器具の費用取付けや設置費用その他諸経費をひっくるめた費用の事です。

 

太陽光発電システムの合計金額の内訳

ここからが重要です!実際に何社か見積りを取ってみると分かりますが、太陽光発電の合計価格は業者によって異なってきます。

 

 

内訳を見るとその違いが明らか。業者側としても儲けがなければ経営が存続できないので、部品代やら設置費用、諸経費やらで少しづつマージンをとることとなります。

 

 

マージンを多くとるか少なくとるか。それぞれの業者独自の太陽光発電の相場があるということです。

 

部品や器具の費用
部品・器具名称 詳細説明 相場
モジュール

俗にいうソーラーパネル。直流で発電する。

5〜18万円
パワーコンディショナー

直流を交流に変換する装置。家庭で使える電気は交流。

23〜53万円

接続箱

ソーラーパネルからの配線を一つにまとめる箱。集めたらパワコンへ送る。

3〜13万円
カラーモニター 発電量や消費電力、売電状況をリアルタイムで確認できるモニター。 2〜10万円
ケーブル 電気工事の配線に使用するケーブル。 約1万円

架台・取付金具

パネルを設置する土台及び土台を取付ける金具。 8万〜15万
売電メーター どれだけ電気を電力会社に売っているのか計測するメーター。 2〜10万

 

太陽光発電の導入に必ず必要な部品や器具になります。表の相場を見れば分かりますが、価格には大きな開きがあります。開きこそありますが設置容量によって器具も変わってきたり、メーカー小売価格がありますのでそれ以上に高く購入させられることはまずないでしょう。部品や器具の価格に対してはそれほど神経質にならなくてもよさそうです。

 

 

取付けや設置の費用
名称 詳細 相場
足場設置費 工事は屋根で行う作業がメイン。安全の為に足場を設置します。 5〜10万円
架台設置工事費 太陽光パネルの土台を設置するために必要な工事です。 平均10万円
機器取付け工事費 パネルやパワコンやメーター、接続箱等の取付け工事です。 10万程度
電気工事費 配線や接続等の工事です。 5万〜10万

 

設置費用については業者によって開きがあります。この部分で業者は利益を確保します。よく見積り書で一式工事の記載は注意が必要といわれますが、設置費用の場合は一式の表記が普通でしょう。上記の相場より大きな開きがある場合はその業者には注意!

 

その他
名称 詳細 相場
運搬費 太陽光パネルを屋根に運搬する際にかかる費用です。 ほとんどの場合設置工事費に含まれる
各種申請手続き費 代行で書類を作成し東京電力等へ申請します。 2万〜5万
検査立会い費 完成後の立会いの費用です。 2万程度
諸経費 全体を通して掛かる雑工費 合計費用の2割程度

 

細かく言うと太陽光発電導入の内訳はざっとこのぐらいになります。見積りを依頼した時内訳明細がこのぐらい細かく出ているのが理想ですが、そういう業者はなかなかないと思います。もし、ここまで細かく出ているのであれば良い業者の可能性がありますよ。

 


太陽光発電相場のまとめ

国による補助金は1kw当たり55万円以下が給付対象なので太陽光発電の基準は1kw当たり55万円と考えたほうが良いです。
つまり56万円だと対象外になりますので注意が必要です。

 

 

これらを踏まえて、一般的に設置される太陽光発電システムは3〜5kwで55万円の相場で考えると165〜275万円の計算になります。導入する場合の目安になりますのでしっかり覚えておきましょう!!
※参考サイト→太陽光発電の評判|メーカー別の調査

 

 

 

一般的な相場で設置するのが普通ですが、ネットを介して設置を依頼すると基本的に中間マージンがかかりません。太陽光発電を設置する90%以上が家電量販店や住宅メーカーに依頼しています。これってマージンが結構取られています。非常にもったいないです。ネットならマージンが掛からないのでその分を浮かすことができます。その浮いた分を家計に回すことができますし、元を取る日数も縮めることだってできます。
一般的な相場を大幅に下回る費用で導入することができるのはほぼ間違ありません。中には100万円近くも安くなったという方もいらっしゃいます。導入を考えている方はネットの見積を利用してみるのも安く済ます一つの手段です。